【上野カフェ&グルメ6選】お店選びの難しいこの街の魅力を全力でご紹介!

東京カフェ巡り

日本全国からの観光客はもちろん、外国人観光客からの人気の高い街、上野。

その下町情緒あふれる空間は、確かに東京在住の私でも、他にはない特別な空間に感じます。

特に、昭和時代から歴史を紡ぐ、喫茶店の街としても知られており、
携帯電話がない時代の待ち合わせ、
電車の乗り換え時間までの休憩場所としても愛され続けています。

今回はそんな上野の街から、
あまり知られていない喫茶店やコーヒーの名店。

最近誕生したエスプレッソドリンクが魅力のカフェや、
ソウルフードとしての注目を集めるアメリカンダイナーなど、幅広くご紹介します。

正直、上野は接客の面であまりいい思いをせず、ご紹介を諦めるお店も多いですが、
今回ご紹介するお店はどこも居心地抜群!

ぜひ、新たな上野の魅力の発見につなげてみてください。

過去の上野特集はこちら。

【上野カフェ5選】
極上レトロ喫茶の宝庫!昭和の日本にタイムスリップして非日常体験を

【上野・日暮里カフェ6選】
ウワサの”谷根千”エリアを深掘り!リノベで蘇るレトロ空間を堪能しよう!

【上野カフェ5選】
失敗しない大人の休日!芸術とパンダと自然で非日常空間

■動画で確認したい方はこちらから

café Lapin

色々な産地から厳選した生豆を使い、
淹れたてで新鮮な身体に優しいコーヒーの提供を
モットーに営業している「カフェ・ラパン」。

上野中心街から路地を一本入った場所にあり落ち着いた環境でカフェタイムを楽しむことができます。

茶色のひさしが目印の店外、
手書きの「今月のコーヒー」看板はコーヒー好きの目を引きますね。

コーヒーの香りが広がる店内は木目のインテリアで統一されたくつろぎの空間。

複数人でくつろぐことができるテーブル席に加え、
目の前でコーヒーを淹れる様子を楽しめるカウンター席もあるので、
色々なシーンに対応してくれますよ。

そして特筆すべきは接客の心地よさです。

「上野にある一軒家・老舗喫茶店」と聞くと一見敷居が高そうですが、
「カフェ・ラパン」はそんなことは全く感じさせず
「美味しいコーヒーを味わっていただきたい!」という思いが
こちらにまで伝わってきました。

マスターが心を込めて焙煎し・ネルドリップで淹れてくれるコーヒーは、
淹れたて・ハンドドリップだからこそ楽しめるお味です。

そして自家焙煎コーヒーはもちろんのこと、
パンなどの軽食メニューも豊富です。

「BLT(ベーコン・トマト・レタス・チーズ)」や「クロックムッシュ」などの焼いたパンや、
「ヤサイサンド」「ハムサンド」などの焼かないパンなど、
パンのメニューが数えきれないほどあり、
パン+コーヒー好きにはたまりません。

7:00~11:00まではモーニングメニューがあり、
トースト(プレーン、チーズ、タマゴからチョイス)やクロワッサンに、
コーヒー・紅茶・カフェオレなどをセットにすることができます。

今回は頑張って早起きして、
「モーニングセット(タマゴトースト+サラダ+カフェオレ)」をオーダーしました。

厚切りトーストのサクサクっとした歯ごたえと
たっぷりペーストされた濃厚なタマゴが
朝から本当に幸せな気分に浸ることができます。

隣に添えられたミニサラダも身体に嬉しい。

こだわりの豆が用いられたカフェオレは少し苦みを感じるしっかりした味で、
飲みごたえがあります。

日本の「喫茶」「昭和レトロ」な雰囲気を感じられる「カフェ・ラパン」は
最近は外国人にも人気が出てきているようです。

<<モーニングセット(タマゴトースト+サラダ+カフェオレ)>>
850円(税込)

営業時間:7:00~18:00
定休日:日曜日・祝日
※詳細は、SNS等より最新の情報をご確認ください。

アクセス:御徒町駅より徒歩3分、上野御徒町駅より徒歩5分、上野広小路駅より徒歩3分

座席:30席(カウンター6席、テーブル24席)
電源:なし
Wi-Fi:あり

決済手段:カード◎、電子マネー◎、QRコード決済◎、現金◎

■関連リンク

カフェ・ラパン (上野広小路/喫茶店)
★★★☆☆3.65 ■予算(昼):~¥999

シャルマン

「学問のみち」を進んでいくと現れるのが、
緑と白のひさしが特徴的な喫茶「シャルマン」。

窓から顔を覗かせているジャビット君や、店内にある巨人の名選手のサインからはオーナーさんのジャイアンツ愛を感じます。

ワクワクしながら半地下のお店に入ると、
ステンドグラスと昔ながらのソファ、
そしていろんな形のランプが目に飛び込んできます。

オープンしたのは70年以上前とのことで、
昭和の初期にタイムスリップしたかのような錯覚に陥りそう!
ふたりの年配女性が切り盛りされています。

全席喫煙可能な店内にはタバコをくゆらせながら仕事をする方もおり、
昔ながらの昭和の喫茶店ってこんな感じだったんだろうなぁと想像させます。

これぞ「レトロ」という言葉がふさわしい雰囲気。

「シャルマン」で提供されるメニューは「トースト」「サンドイッチ」そして「コーヒー」「紅茶」に厳選されています。

オープンから11:30までは「モーニング 410円(税込)」で、
コーヒーもしくは紅茶にトーストのセットをお得な価格でいただくことができます。

また、11:30~13:30は「ランチセット 680円~710円(税込)」で、
コーヒーもしくは紅茶と、
トーストもしくはサンドイッチをセットにすることができます。

今回オーダーしたのは「ランチセット(トースト)」。

オムレツでもなく厚焼きたまごでもないたまごが挟まり、
黄金色にトーストされた食パン。

一目見て思わず「懐かしい!」と声が出てしまう人もいそうないでたち。

いざ口の中に含んでみると、
まずはマーガリンの香りが鼻をくすぐります。

そして、たまごに薄くからしが塗られているようで、
これが嬉しいサプライズ。

おばあちゃんやお母さんが作ってくれそうな家庭的な味。

ホットコーヒーにはおばあちゃんのお家にありそうなシュガーポットが添えられ、
これまた郷愁に浸ってしまいます。

<<ランチセット(トースト)>>
680円(税込)

営業時間:10:00~18:00
定休日:土曜日・日曜日・祝日
※詳細は、SNS等より最新の情報をご確認ください。

アクセス:上野広小路駅、上野御徒町駅 A4出口より徒歩3分

座席:34席(全席喫煙可能)
電源:なし
Wi-Fi:なし

決済手段:カード×、電子マネー×、QRコード決済×、現金◎

■関連リンク

シャルマン (湯島/喫茶店)
★★★☆☆3.24 ■予算(夜):~¥999

Zehn Coffee

食べログ 喫茶店 百名店2022にも選ばれたことがある
湯島駅の「Zehn Coffee(ツェーンコーヒー)」。

「高品質な製品をリーズナブルな価格で提供」をコンセプトにしたコーヒー店です。

1階ではコーヒー豆の焙煎・販売をしており、
2階が喫茶スペースになっています。

西向きの大きな窓から差し込む外の光が気持ちのいい空間です。

喫茶スペースの席数はそこまで多くありませんので、
訪問の際は時間に余裕を持ってお出かけください。

「Zehn Coffee」の「Zehn」はドイツ語の「10」を意味しており
オーナーさんの名前に関連して名付けられたそうです。

ドイツから直輸入した高級焙煎機を用いてオーダー後に焙煎してくれます。

コーヒー豆の甘皮を除去しながら珈琲専門家が独自開発した温度・時間管理で
自家焙煎された入り立て・挽き立てのお豆でいただくコーヒーは、
どんなコーヒー好きも唸る美味しさでした。

コーヒーはイギリスの老舗ブランド「ウェッジウッド」で提供され、
オーナーのこだわりが感じられます。

今回は「本日の珈琲」と「ドーナツ」を注文しました。

おまけでロータスビスケットも添えられているのが嬉しいですね。

日替わりでブルーマウンテンやグアテマラ産など提供されるコーヒーが変わるので、
毎日通ってお気に入りのコーヒー豆を見つけるのも楽しいかも。

昔ながらのころんとした形のドーナツにはほんのりとしたシナモン風味が添えられており、
これもまたコーヒーに合うお味!

ドーナツ生地はしっとりしつつ固さもあるので、
これ一つでも食べ応えがありますよ。

<<本日の珈琲>>
650円(税込)

<<ドーナツ>>
190円(税込)

営業時間:
平日 8:00~19:00
土日祝 8:00~17:00
定休日:火曜日、水曜日
※詳細は、SNS等より最新の情報をご確認ください。

アクセス:湯島駅から徒歩1分、上野広小路駅から徒歩4分、御徒町駅から徒歩6分

座席:8席(テーブル4卓(各2席))
電源:なし
Wi-Fi:なし

決済手段:カード×、電子マネー×、QRコード決済×、現金◎

■関連リンク

ツェーンコーヒー (湯島/喫茶店)
★★★☆☆3.69 ■予算(昼):~¥999

WOODWORK Welcome COFFEE

木の香りと木の温もりが感じられる空間で、
ハンドドリップで淹れてくれる美味しいコーヒーと焼き菓子を。

カフェの店名に入っているWOOD WORKは、
木を使った家具やインテリア雑貨を
作って販売しているお店であり工房です。

入り口のカフェは2017年にスタート。

この空間に入ってきたみなさんを
welcome!と歓迎してくれます。

お茶やコーヒーを飲みスイーツを食べる、
そんな日常に近い空間のなかで、
木でできたテーブルや椅子などの美しさを五感で感じてほしい。

木で作られた家具や雑貨が、
年月を経て暮らしの中に染み込むような
落ち着いた表情へと成長していく過程を
一緒に愉しんでほしい。

そんな願いが込められています。

お店はほぼ全面ガラス張りで、
入口扉は木のフレームとガラスでできており、
店内の温かい雰囲気が外にまで伝わってきます。

中に入ると大きなガラス窓からたっぷりの太陽光が入ってきて、
向かいの公園の緑の景色とも相まって、
とっても居心地が良い。

珈琲のお供に、
季節ごとに種類が変わるマフィンやスコーン。

胡桃やレーズンがたっぷり入ったカヌレ形のキャロットケーキや
バスクチーズケーキなんかも人気です。

そして季節のフルーツと手作りのクリームを挟み込んだ
米粉シフォンサンドを楽しみに来られる方も多いんだとか。

そしてラテやカプチーノなどのエスプレッソメニューや、
丁寧にじっくりと淹れるハンドドリップのコーヒーもおすすめです。

この日は、
米粉ココアオレンジピールシフォンとラテをオーダー。

季節ごとに旬のフルーツを使用する人気メニュー。

ココアを混ぜ込んだ生クリームをふわふわのシフォンケーキに挟み込み、
その中と上にオレンジビールをトッピング。

甘すぎずちょうど良いスイーツです。

そしてラテはたっぷりサイズのカップに。

可愛いラテアートに出会えるかもしれません。

木の優しさが溶け込んだ日常を
カフェでの時間をすごしながら体験してみてはいかがでしょうか?

<<Latte>>
500円(税込)

<<米粉ココアオレンジピールシフォン>>
350円(税込)

営業時間:11:00~18:00
定休日:火、水
※詳細は、SNS等より最新の情報をご確認ください。

アクセス:
JR御徒町駅より徒歩7分
東京メトロ仲御徒町駅より徒歩3分

座席:10席
電源:なし
Wi-Fi:なし

決済手段:カード◎、電子マネー◎、QRコード決済◎、現金◎

■関連リンク

Instagram
WOODWORK Welcome Coffee│オーダー家具と無垢天板 東京 WOODWORK
WOODWORK Welcome Coffee:=WOODWORK は東京御徒町に自社工房を持つ家具ブラン ド。厳選した無垢材を使い、組み上げ、オイルで仕上げる。 使い込むことで艶と深い色を帯び、お客様の暮らしに寄り 添い、成長します。オーダーメイド承ります。

American Diner ANDRA

アメリカ西海岸にあるダイナーの雰囲気を味わいながら、
カリフォルニアでブームのスマッシュバーガーが味わえる
日本では珍しいお店です。

スマッシュバーガーとは、
丸く成形されたパテではなく、
ゴロゴロした状態のまま鉄板に押し当てて
(スマッシュ)焼くバーガーのこと。

食感やお肉の風味をより楽しめるのが魅力です。

アメフトとアメリカの食カルチャーを
もっとたくさんの人に楽しんでほしい
という想いから2021年10月にはじまったこのお店。

真っ白な壁に赤い軒先と、
アメリカの国旗が目印です。

扉を開けるとお店の中は、
白と黒・シルバーの壁やカウンターテーブル。
そこに赤・青・黄などビビッドなカラーの椅子が並びます。
ポップで楽しげな雰囲気です。

壁にはアメフトのユニフォームやステッカーが飾られ、
店内のモニターからはアメフトの試合が流れてきます。

メニューは定番のボリューム感のあるバーガー、
キューバンサンドやブリトー、
NYで人気のチキンオーバーライスなどのライスプレート、
おつまみや軽食にぴったりのフレンチフライやケサディーヤなど
いろいろ楽しめます。

ドリンクはどれもたっぷりサイズ。
ビール、ウィスキー、ワイン、カクテル類など
アルコールも豊富にそろっています。

この日に注文したのは、
チーズにinしたバーガー。
チーズ「を」はさむのではなくその逆。

注文すると目の前に熱々の鉄板が置かれ、
やわらかく溶けたチーズが流し込まれ、
ジュワジュワーとチーズが弾ける音と湯気に驚きます。
そしてその中に自慢のハンバーガーを
半分にカットして大胆に投入。

こだわりのハンバーガーはもちろん、
それをチーズに浸しながらあじわえるのは、
チーズ好きはもちろん、
そうでなくても満足できる一品です。

明るく開放的な雰囲気と、
美味しくボリューム満点の、
時にユーモアたっぷりなダイナーで
心もお腹もしっかりパワーチャージしてみては
いかがでしょうか?

<<チーズにinしたハンバーガー>>
2,000円(税込)

<<クラフトコーラ>>
600円(税込)

営業時間: ランチ11:30~14:00、ディナー18:00~22:00
定休日:日曜日
※詳細は、SNS等より最新の情報をご確認ください。

アクセス:
JR上野駅より徒歩6分
東京メトロ稲荷町駅より徒歩6分

座席:16席(カウンター8席、テーブル8席)
電源:なし
Wi-Fi:なし

決済手段:カード◎、電子マネー◎、QRコード決済◎、現金◎

■関連リンク

Instagram
American diner ANDRA (稲荷町/ハンバーガー)
★★★☆☆3.45 ■予算(夜):~¥999

珈琲処ボナール

創業70年の老舗、
サロンのようなクラシカルな雰囲気の中で、
「訳あって美味しい」一杯と共に
ゆったりとした上質な時間を過ごしませんか?

常連さんも多く古くから愛される老舗喫茶店「珈琲処ボナール」。

実は元々日本橋で営業していたのですが、
再開発の影響で、2014年に元々の常連さんも通いやすいように、と
今の上野に移転しました。

できるだけお店の雰囲気を残そうと
日本橋のお店の天井梁をそのまま移設、
老舗の雰囲気を感じることができます。

店内にはクラシック音楽がかかっていて、
ゆったりとした時間が流れています。

専用の点滴式水出し器には、
ゆっくりと滴り落ちていく珈琲の滴。

店の入り口には歴史を感じる
「炭火焙煎珈琲ボナール」の文字が刻まれた看板と、
道行く人たちをも笑顔にするお花。

そしてショーウインドーには
美しい珈琲カップたちが飾られています。

定番のケーキセットには、
ミルクレープやリンゴと桃のケーキやモンブラン。

なかでも一番の人気はチーズケーキのセットです。

美しいお皿にお花を添えてサーブされるのも
嬉しいポイントです。

「訳あって美味しい」と言われる珈琲は
出来立ての新鮮さを大切にするため注文後に豆を挽き、
最高の豆を粗く挽いてたっぷりと使って抽出しています。

また珈琲をつかったユニークなオリジナルドリンクもあります。

かつてナポレオンが愛したといわれる「カフェロワイヤル」や、
そしてモノトーンのコントラストが美しい「琥珀の女王」は、
是非一度試してみて下さい。

この日はチーズケーキと琥珀の女王を注文しました。

重厚な存在感がありながら
口に含んでみると控えめな甘さ、
それでもしっかりとチーズを感じられます。

そして琥珀の女王は、
カクテルグラスに冷えた珈琲にエバミルクを注ぎ
白と黒が美しい層を成す「ブラン・エ・ノワール」といわれる
特別な珈琲です。

たまには一人で、
また大切な人とのおしゃべりを愉しむ場所として、
訪れてみてはいかがでしょうか?

<<琥珀の女王>>
900円(税込)

<<チーズケーキ(セット)>>
600円(税込)

営業時間:
平日、土曜 11:00-22:00
日曜、祝日 11:00-20:00
定休日:元日
※詳細は、SNS等より最新の情報をご確認ください。

アクセス:
JR御徒町駅より徒歩5分
東京メトロ上野広小路駅より徒歩3分

座席:62席
電源:なし
Wi-Fi:なし

決済手段:カード×、電子マネー×、QRコード決済×、現金◎

■関連リンク

Instagram
=TOP= 珈琲処ボナールへようこそ Bonnard site

コメント

タイトルとURLをコピーしました