【世田谷カフェ7選】小田急線セレクト!名古屋発の注目喫茶から北欧スタイルのおしゃれカフェまで

東京カフェ巡り

2月の中旬に、下北沢特集をさせていただき、ありがたいことにご好評いただいています。

以前の下北沢特集はこちら
https://youtu.be/oQmXs9JTxm8

ただ、下北沢に限らず、世田谷区、そして小田急線沿線には魅力的な空間がたくさんあります。

まさに、小田急電鉄が半世紀をかけ、2017年末についに完成した、複々線化プロジェクトの副産物とでもいうべきか、
新旧入り混じって注目のカフェがいくつかありますので、
今回まとめてご紹介します。

今回の動画の中では、
世田谷区で長年愛される本格派珈琲店、
名古屋発のインスタ映え間違いなしの喫茶店、
北欧スタイルのおしゃれカフェ、
ニューノーマル時代に合わせたコワーキングスペース併設カフェなど、
幅広くご紹介しているので、
世田谷区に在住の方も、区外からいらっしゃる方も楽しめる内容になっているかと思います。

■動画で確認したい方はこちらから

1. LOWKEYTONE COFFEE STAND

2021年4月にオープンした、
完全キャッシュレスのテイクアウト専用コーヒースタンド。

豆販売をメインとしている自家焙煎珈琲店「ローキートーン珈琲店」の二軒ほど隣にあるので、ドリンクが気に入った方は、そちらもぜひご利用いただきたいです。

2022年3〜4月は、1周年記念として
お得にドリンクを楽しめるイベントなどを
行っているようなので、ぜひ訪れてみてください。

完全キャッシュレスのため、現金の手渡しもなく
衛生的、スタッフの業務負担が軽減されており、
配慮が伝わります。

隣のコーヒー焙煎所からのやきたての香りいっぱいの豆と、
エスプレッソの本場イタリア製のエスプレッソマシンを使って、
「おいしいカフェラテをリーズナブルに」をコンセプトに
コーヒーを提供しています。

15年以上前からのお付き合いがある乳製品メーカーさんから、
新鮮な北海道産の牛乳をほぼ毎日仕入れているそうです。

コーヒーは柊ブレンドをいただきました。
ナッツのようなオレンジのような香りで、
苦味と酸味が心地よいスッキリとした味わいでした。

名物のカフェラテ以外にも、
ブレンダーミキサーを使った夏らしいフラッペメニュー、
その他の季節もコーヒー・ミルク・フルーツのシェイクメニューやスムージーなど、
その時期オリジナルのメニューも多く用意されているので、
リピートしたくなるお店でした。

■関連リンク

https://lowkeytone.com/
https://www.instagram.com/lowkeytonecoffee/
https://r.goope.jp/lowkeytonestand
https://www.instagram.com/lowkeytonecoffeestand/

2. 堀口珈琲

ブレンドにこだわりをもつスペシャリティコーヒー専門店。
最高品質の生豆を世界中から調達し、
横浜の焙煎所で焙煎しています。
4店舗あるうち、世田谷店はパフェが名物だそうです。
スイーツ、パフェ、サンドイッチなど、フードの種類も豊富ですが、
どれもコーヒーとあう味わいを目指していて、
堀口珈琲の喫茶店ではあくまでもコーヒーが主役!
コーヒーへの愛が溢れているなと感じました。

1番のブレンドは、フルーティな香りがさっそく特徴的。
オレンジやレモンのような印象でした。
シトラス系の口当たりですが、
欧米人が好むような柑橘系の強い酸味でなく、
フルーティさを優しくお湯と苦味が包んでくれる感じでした。

■関連リンク

https://www.kohikobo.co.jp/shop/
https://www.instagram.com/horiguchicoffee/

3. 喫茶ぱおーん

愛知県にある今井醸造という小さな味噌蔵が始めた”ぞうめし屋”。
喫茶パオーンは、ぞうめし屋の4店舗目として、
東京にオープンした小さな喫茶店です。
味噌屋が作る名古屋めしや、
お店で手作りしているプリンやクッキー、
どれも美味しそうで悩んでしまいました。

たまごサンドはたっぷりとたまごを使用した分厚さで、
塗られている自家製のみそと相性抜群でした。
フルーツサンドは季節によって変わる4種類のフルーツ、
生クリームとカスタードクリームで挟まれています。
クリームは甘すぎず、フルーツの甘さを
ひきたてていて、絶品でした!

クリームソーダは色も選べます。
クッキーは単品でも売っているので、(¥88)
おうちカフェでのお供にするのも良いですね。

コーヒーは深煎りのブラジルコーヒーのような香り。
思ったよりもパッションフルーツ系の果実感と、
ナッツ系の苦味のあるコクのある味わいでした。

■関連リンク

Login • Instagram
Welcome back to Instagram. Sign in to check out what your friends, family & interests have been capturing & sharing around the world.
ホーム
味噌屋「今井醸造」が運営する、ごはんものとドーナッツを提供するカフェです。ドーナッツはテイクアウト可能です。小さなトラックで移動販売車もしています。

4. 洋食バル ウルトラ

2022年2月13日に10周年を迎えた洋食バル。
店主の石田さんは、
2008年に幕を閉じた下北沢「洋食マック」店主の次男で、
下北沢で長年愛されていたその味を受け継いで、
ここ経堂に開いたお店だとのこと。

洋食マックは洋食屋と定食屋の間のようなお店で、
まさに男メシの定食洋食だった一方、
ウルトラの店主さんは、
カップルの方などにもお酒も楽しんで貰えるお店をやりたいとの思いで、
‟マック”と名乗らず、新規一転、名前も新たにオープンしたとのことです。

高校卒業後、複数店舗の飲食店での経験を携え、
カナダ、ニューヨーク、イスタンブール、ネパール、インド、タイと、
さまざまな国で培った腕が、美味しさの裏付けです。

スタッフさんの接客がすごく丁寧で終始気持ちよかったです。
窓際に座っている妊婦さんには、ひざかけを渡していました。

エビフライはさくさくで、
身と衣の間がなくぎっしりとエビがつまっていて、食べ応え満点でした。

■関連リンク

https://www.instagram.com/ultra.bal/
https://tabelog.com/tokyo/A1318/A131813/13137110/

5. クルミ堂

あたたかみのある古民家カフェ。
こじんまりとした店内は4席ほどですが、
誰かのお家に遊びにきたような、
そんな気持ちでのんびり過ごせます。

コーヒーは、同じ建物の1Fにある自家焙煎珈琲店「すぐろ珈琲豆店」の
オリジナルブレンドでドリップしてくれて、
本格的な味わいを楽しめます。

ブログで営業時間をお知らせしているので、
行く際はInstagramのリンクからチェックしてください。

家具作りが得意な店主さん作成の店内のインテリアや、
店主のお姉さん作成の雑貨などフード以外も見どころです!

マフィンなどのスイーツは、どれも美味しそうで悩みました。
焼き菓子はよくメニューが変わるようで、
こだわりがたくさん詰まっていました。
いただいたキウイのマフィンは、
中にも果実が入っていて大満足。

コーヒーはパッションフルーツ系の桃の香りでした。
スコーンはイートインだとクリームがつきます。
プリンが有名なようなので、次回食べてみたいです。

■関連リンク

クルミ堂
経堂でのんびりカフェをやっています。 来てくれてありがとうございます(^o^)
Login • Instagram
Welcome back to Instagram. Sign in to check out what your friends, family & interests have been capturing & sharing around the world.

6.Working cafe halo

2020年10月にオープンした、
ワーキングスペース×カフェ×ギャラリーのお店。
コーヒーはすべて、近所の高根珈琲で
焙煎されたコーヒー豆を使用しているそうです。
焼き菓子やケーキは素材にこだわり、
毎日店内で焼きあげているそうです。
ラテアートで描かれた招き猫が可愛らしかったです。
奥は有料のワーキングスペースとなっており、
そこで仕事をする方、読書をする方など
活用されている方が多くいらっしゃいました。

“家の近くで、駅の近くで、
美味しいカフェラテと、
手作りの焼き菓子を食べながら
ちょっとだけ仕事がしたい。
お友達とカフェでお喋りしたい。
コーヒーやお菓子をテイクアウトして豪徳寺周辺を散歩したい。”

そんなコンセプトがたくさん詰まっているお店でした。

豪徳寺へのお散歩の帰りに、
招き猫のお守りを買った帰りにいかがでしょうか。

■関連リンク

https://cafehalo.net/
https://www.instagram.com/workingcafehalo/

7. FIKAFABRIKEN

緯度の高い北欧の国々では、冬は日照時間が短いこともあり、
人々は家で過ごす時間をとても大切にしています。
そして、そんな時間の過ごし方のひとつがスウェーデン語で
「フィーカ(fika)」と言われるお茶の時間。
直訳すると、店名は”お茶の時間工場”です。

白を基調とした外装、内装に、
ポイントでスウェーデンの国旗カラー、
黄色と青がちりばめられた可愛らしい北欧カフェ。
伺う際、テイクアウトして飲んでいたコーヒーのカップを
「捨てますよ」とお声かげしてくださったり、
通りかかったときに「店内今空いてるのでよかったら」と、
あたたかい接客をしてくださり居心地が良かったです。
店内では北欧紅茶も販売されていました。

キャロットケーキはすこし水分が少ないイメージですが、
こちらはしっとりとしているなと感じました😳
コーヒーは、キレのある味わいで、
ココナッツ系をベースとした苦味と酸味のある味わいでした。
喫茶店のライトブレンドのような感覚で味わえました。

■関連リンク

https://fikafabriken.jp/
https://www.instagram.com/_fikafabriken_/

コメント

タイトルとURLをコピーしました